サンカラ認定制度 マインドフルネス講師

プロフィール

山下 あきこ

1974年生まれ。神経内科専門医、医学医師。医師として診療に従事するかたわら、株式会社マインドフルヘルスを設立。人々がより健康に、より自分らしく生きるためには、どうしたらよいかを模索し続ける中でマインドフルネスに出会った。マインドフルネスや健康に関するセミナーや研修を行い、マインドフルネスのVRの開発も行っている。

 
人見  道夫 

平成元年コンピューターメーカーに入社、システムエンジニアとして勤務。長時間労働と仕事のストレスから6年で退職。野生イルカと泳儀、海、森、自然に触れる体験から価値観が広がり自分らしさを取り戻す。自然解説、野外教育ファシリテーション、エコツーリズム、NLP、心理セラピー、ホリスティックヒーリングを学び、イルカ・自然に触れることで人を癒すネイチャーヒーリングプログラムを独自に企画実施。イルカ、海、森のガイドは延べ5000人を超える。マインドフルネスと出会い新たな視点を実感。1人でも多くのストレスコントロール、パフォーマンス向上に貢献するために活動中。

宮島 一馬

主に精神科領域で看護師として20年間病院にて勤務。37歳でギランバレー症候群となり入院。その頃「健康になるためには」をテーマに栄養学を中心に知識を深める。一方、看護師としての業務や役割、現在の医療のあり方に疑問や違和感を感じ、異なった分野から人や社会に貢献したいと思い出会ったのがマインドフルネス。現在、医療処置が必要でありながらも、自宅で生活を送りたい方々へサービスを提供する訪問看護師として勤務。また学習障害や発達障害を抱える子供達を対象とした、学習塾にも看護師として携わる。地域医療を支える一員として日々を過ごす傍ら、ストレスを抱えている方々への心のケアの一環としてマインドフルネス講師としてスタートする。

松山 歩

インテリアやジュエリーの企業に約10年VMDとして勤務。昼はオフィス、夜は店舗でインテリアやウィンドウディスプレイを開店前に作り上げるなど、楽しくも多忙な日々。そんな中腰痛が悪化し、歩くことや眠ることもままならない状態に。その時体のSOSに気がつかなかった事を反省、心と体のつながりや健康な体がすなわち心の健康を支える土台となる事を痛感。長年続けていたヨガのライセンスを取得しインストラクターとして再スタートを切る。ヨガの実践を深める中でマインドフルネスと出会い、自分の感情と距離を取るというプロセスを通じ、落ち込むことがあっても成長のために与えられた好機として受け入れられるように変化。かつての自分と同様にヨガスタジオに通う時間が取れない方でも、マインドフルネスであれば日常の中で取り入れられる事がたくさんあると研修で学び、たくさんの多忙な方々の役に立つために日々邁進中。

齊藤 あさぎ

日本IBM(株)にてシステムズエンジニアとして勤務。退職後、瞑想に出会い学び始め、エクセサイズとしてヨガも行う。その過程で本来のヨガについても学ぶ機会を得る。他方、ダイバーシティの観点から、企業での女性活躍推進を目指すNPO法人事務局勤務、その前後にIBMの金融プロジェクトのマネジメント補佐、総務としても従事。(株)サンカラ代表 人見ルミ氏とは船井メディア主催、熊野イヤシロチセミナーにて出会い、近年の企業向けマインドフルネス研修の取り組みに賛同し、一期生として受講。現在アシスタントとして研鑽中。

今井 さいこ

公認心理師・睡眠指導者。2009年から女性のメンタルヘルス支援を続ける。2013年からは妊活(不妊治療含む)に特化したカウンセリングやサイト運営を通じ、約600名の妊活WOMAN®のメンタルケアに携わる。現在は、妊活に限らず、婚活・産前産後・子育てなどに悩む30~40代女性を中心にサポート。『自らの手で人生を輝かせる女性を増やす!』をミッションに活動している。

マインドフルネスとの出逢いを通じ、自分と向き合う時間が豊かな心を育む原点になると実感。また、マインドフルネスを通じて集中力、メタ認知能力アップも実感。個人セッションや研修を通じて自分と向き合う方法として広めるべく活動している。

武内 好幸

独立系システム開発会社に勤務し、その後、起業する。1997年に株式会社プライムを設立。財務会計システム、人事給与システムなどのシステム開発を事業とし、Webシステム、スマホアプリ等の開発にも力を入れる。2015年に株式会社ドリームキャンバスを設立。「アイデアをカタチにする」をコンセプトとして、個人、企業の夢実現のサポートをはじめる。現在、動画制作やポッドキャスト制作など、ブランディングに関わる事業を展開中。より良い人間関係の構築を目指し、心理学を学ぶ中、マインドフルネスと出会う。心理学とマインドフルネスを融合した新たな分野にチャレンジすべく、企業研修・講演活動を行っている。

中川 由希

日本IBM(株)にてシステムズエンジニアとして勤務。退職後、瞑想に出会い学び始め、エクセサイズとしてヨガも行う。その過程で本来のヨガについても学ぶ機会を得る。他方、ダイバーシティの観点から、企業での女性活躍推進を目指すNPO法人事務局勤務、その前後にIBMの金融プロジェクトのマネジメント補佐、総務としても従事。(株)サンカラ代表 人見ルミ氏とは船井メディア主催、熊野イヤシロチセミナーにて出会い、近年の企業向けマインドフルネス研修の取り組みに賛同し、一期生として受講。現在アシスタントとして研鑽中。

春日井 亜里紗

青森市に生まれる。母親の主宰するバレエ教室で、ジャズダンスを知る。マイケルジャクソンやジャネットジャクソンのコレオグラファーらに師事。LAにてプロダンサートレーニング終了、ライセンス取得。ダンスパフォーマーで活動。現在は、春日井バレエ・ダンスギャラリーにてダンス指導の他、addidasGYM&RUN、ピラティスインストラクターの資格を持ち市内のジムやNHK文化センター講師として、幅広い層に指導をしている。体だけでなく、頭と心の健康維持の観点からマインドフルネスに興味を持ち、深く勉強中。

 

 

大坪 泰子

株式会社エイチ・アイ・エス在職中、海外支店(モルディブ支店)赴任を経験する。初めて外国人の部下を持ち、日本とは全く異なったイスラム教の島国で生活をしていくうちに、ストレス過多状態で体調を壊し、そんな中マインドフルネスと出会う。マインドフルネスで自分の脳疲労状態に気付けてからは、自分と向き合う時間を確保し、ヨガやマインドフルネス瞑想を毎日実践していくことで、マインドフルネスの恩恵を実感する。また、マインドフルネスがアルツハイマーの予防になることを知り、実父がアルツハイマーだったことから、もっと沢山の人達にマインドフルネスを広め、ストレスマネジメントの出来る健康な心と身体づくりに貢献したいと考えるようになる。

マインドフルネス講師ヨガ講師(全米ヨガアライアンスRYT200修了、陰ヨガ指導士)

企業研修のお問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

株式会社ルネッサンスアイズ
担当者 加藤 恵美

03-3505-5286

受付時間:9:00~17:00(土日祝を除く)

メールでのお問合せは24時間受け付けております。下記の赤いバナーをクリックし、詳細をご記入いただき送信ください。できる限り早急にお返事申し上げます。

New!  Youtube
人見ルミの
マインドフルネスチャンネル

新型コロナに負けない
マインドフルネス
ZOOMオンラインセミナー

メディア紹介実績、多数!

マインドフルネスについて、各種メディアや書籍で紹介されています。

十勝毎日新聞で人見が参画している事業が1面で掲載されました。

十勝毎日新聞に「ワーケーションプログラム」のアドバイザーとして代表・人見が参画している記事が掲載されました

「ビズPRO-Q」で代表・人見の
インタビューが掲載されました。

働く未来を考えるアンケト・メディア「ビズPRO-Q」で代表・人見のインタビューが掲載されました

毎日放送「NEXT JAPAN」
で弊社のマインドフルネス研修が
放映されました。

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命における弊社のマインドフルネス研修の様子が「NEXT JAPAN」毎日放送で11月に放送されました

TBSラジオ「生島ヒロシのおはよう定食一直線」に出演しました!

「生島ヒロシのおはよう定食|一直線」に出演しました!テーマはもちろんマインドフルネス!

人見ルミの書籍

潜在能力を120%引き出す
マインドフルネスストレッチ

(KADAKAWA)

心を整えるマインドフルネス
CDブック(あさ出版)

代表あいさつ

人見 ルミ
ごあいさつ
株式会社サンカラ 代表の人見ルミです。 マインドフルネスを取り入れたライフスタイルで、仕事・家庭・人間関係などすべてにおいて、あなたの生き方が変わり、イキイキと輝くお手伝いをいたします!

お電話でのお問合せはこちら

株式会社ルネッサンスアイズ
担当者 加藤 恵美

03-3505-5286

メールでのお問合せは24時間受け付けております。下記のフォームから、詳細をお願いいたします。できる限り早急にお返事申し上げます。